旦那から「離婚したい」と言われたら、パニックにならず、まずは落ち着いて!

妻の浮気

夫からから突然「離婚したい」と言われたら、冷静でいられませんよね。

しかし第一に落ち着くことを考えましょう。
パニックになったり、頭が真っ白になって何も考えられなくなくなるかもしれません。しかしあなたが嫌だと泣き叫んだり、カッとなってなにか言ってしまうと、つなぎ留めたいという気持ちとは裏腹に旦那さんがどんどん引いてしまい、より自体が悪化してしまう可能性があるからです。

 

あくまで冷静に。いつものあなたの判断力を失わない事が大事です。旦那さんの言葉にも過剰に反応しないようにしましょう。頭に血が昇りそうなときは、一旦深呼吸してみるのもよいでしょう。


旦那が「離婚したい」理由を聞きたい!

妻の浮気

夫がどうして離婚したいのか、理由が知りたいですよね。
「どうして?!」「何が不満なの?!」と喧嘩腰に質問すると旦那さんはきっと答えません。相手もカッとなって夫婦仲が更に悪化するかもしれません。本当の理由を聞くなら、あくまで自分の気持ちをコントロールできるくらいまで、あなたが冷静でいられるようにしましょう。

 

旦那さんが「離婚したい」と言い出す理由としては女性問題、金銭関係、家庭問題、などが挙げられます。いずれにしても「離婚」という選択に至るまでには相当悩んで悩んで、悩み抜いた事でしょう。
そんな旦那さんは離婚を切り出すだけでおそらく今は精一杯。その場で理由まで話してくれないかもしれません。むしろ、その可能性は高いです。

 

聞きたくて聞きてくて仕方ないでしょうが、旦那さんが理由を話したくなるまで待ちましょう。ここは辛抱が必要です。
あなたから「何か話したくなったら聞くよ」と種をまいておくのがオススメです。「あ、ちゃんと聞いてくれそうだ」と旦那さんが思えれば、そのうちに自分から話しだすでしょう。


離婚届、すぐ出すのはちょっと待って!

妻の浮気

旦那さんは「離婚するのかしないのか、すぐに決めて」と言うかもしれません。
もしくは、いきなり離婚届を渡された方もいるでしょう。

 

あなたが離婚してもいいと思っているとしてもそうでなくても、すぐに結論を出す必要はありません。「考えさせて」「一度落ち着きたいから」と猶予をもらいましょう。

 

もしも旦那さんから離婚届を渡されても、別れたくないと考えているならばそれに強制力はなく、署名捺印をする必要もありません。また、署名捺印してしまったとしても役所に提出しなければ離婚にはなりません。旦那が勝手に離婚届を提出した場合、それは違法となってしまい認められません。離婚は夫と妻ともに合意がなければできないのが基本です。

 

離婚を急ぐ必要はありません。
旦那さんが離婚を焦っているのは何かある証拠。まずは状況確認をして、その上で自分が幸せになる道を選ぶべきです。


「離婚したい」=浮気の可能性アリ?!

妻の浮気

考えたくはありませんが、旦那さんが離婚を焦っている感があれば、浮気が疑われます。

 

こんな兆候はありますか?

  • 夫婦の会話がない
  • 用途不明の出費がある
  • 休日になると居ない
  • やたら夜遅い、出張が多い
  • 携帯電話にロックをかけている
  • 履歴を消去している
  • ファッションや好みが変わった

思い当たることがあれば注意です。旦那さんは浮気が妻にバレる前に離婚を成立させ、慰謝料を払わない腹づもりなのかもしれません
疑いがある場合、放っておいて良いことは1つもありません。今後のためにも、事実を確認するのがおすすめです。


旦那の浮気を確かめるには?

詐欺事例

浮気調査には探偵社に依頼するのが一般的です。周りに気付かれず、しっかりと成果をあげてくれます。

 

馴染みがなく抵抗があるかもしれませんが、実は探偵社の依頼の中で一番多いのが浮気調査なんだそうです。本当に多くの方が浮気で悩み、また探偵社に調査依頼をしているのです。
離婚のためにではなく、夫婦関係修復を望んで調査される方も多いようです。

 

自分で浮気調査する方もいるかもしれません。しかしこれは旦那さんや周りの方に気づかれるかもしれませんし、気付いて証拠を隠滅されるかもしれません。精神面でも安全面でもおすすめしない方法です。
それに探偵社で頼むと、もし裁判になったときよりあなたに有利な証拠をあげてくれることが期待できます。

 

>>おすすめの大手探偵社をチェックする<<

 

納得行くまで離婚届は出す必要はありません。婚姻中の生活費は法律で保証されています。
あなたに事実を確かめる時間はあります。


浮気調査に安心の探偵社は?

大手探偵社の比較表です。
いずれも浮気調査には実績があり、女性も安心して任せられます。

 

大手探偵4社の比較表


総合探偵アムス

総合探偵アムスの詳細はこちら


ISM調査事務所

ISM調査事務所の詳細はこちら


総合探偵社TS

総合探偵社TSの詳細はこちら


原一探偵事務所

原一探偵事務所の詳細はこちら


 

 

◎旦那さんが理由をどうしても話してくれない、思い当たることが全くない、という場合も調査してもらえます。

 

大手、実績、明朗会計の面で選ぶと原一探偵事務所が一番オススメといえます。

原一

離婚での慰謝料は50万円から300万円くらい。ただし証拠が必要。

妻の浮気

離婚を決めた場合、自分に目立つ落ち度がなければ慰謝料請求が可能となります。

 

離婚での慰謝料は、少なければ50万円くらいで、多ければ300万円くらいになるそうです。それぞれの事案によって内容が異なるので一概には言えませんが、相場としてはそのようになっています。

 

どうやって額が決まるのか気になりますよね。
慰謝料金額は、あなたが受けた精神的苦痛の度合いによって裁判で判定されるのです。
いざ離婚するとなれば、慰謝料を多くもらうのに越したことはないです。

 

ただ、旦那さんから離婚したいと言われたからといって、必ずしも慰謝料請求できるというわけではないのです。
旦那さんがあなたに精神的苦痛を与えたという証拠が必要になります。
それはDVだったり金使いの荒らさだったり、浮気だったりしますが、ここがポイントで、何かしらのはっきりとした理由がなければ、そしてその証拠がなければ慰謝料請求は難しくなってしまうのです。

 

「慰謝料請求には確たる証拠が必要」だということをよく覚えておいて下さい。
証拠集めには、探偵などの力を借りて下さい。

 

>>おすすめの大手探偵社をチェックする<<

 

離婚に至るにしても、曖昧な理由は意外と多いものです。例えば性格の不一致、価値感の違いです。物的証拠はありませんし、感覚の問題だといえます。その場合どちらかが絶対的に悪いというわけではなくなるので、慰謝料の請求は難しくなるようです。


探偵社はよく選んで!ニセ探偵社詐欺に要注意!

優良な探偵社のある一方で、探偵社の中には激安などを売り文句に詐欺を働いているところもあります
実例をご紹介します。

詐欺事例1

詐欺事例

詐欺事例2

詐欺事例

 

調査していないのに料金を請求する、または証拠がなかったからと半額だまし取る詐欺があるそうです。
激安とか、新しすぎるとか、実績の曖昧な探偵社はニセモノであることも考えて、注意が必要です。
このことからも、上記3社のような大手の優良探偵社がオススメです。

 

>>おすすめの大手探偵社をチェックする<<

裁判で復縁はできない

妻の浮気

旦那から離婚したいと言われても、相手にひどい落ち度がないような場合は女性としても気持ちが残ってしまうのは当然のこと。
長く不倫されていたり、浪費癖が凄かったり、DVを受けていたりすれば離婚を認めることができるかもしれませんが、例えば曖昧な理由である生活の不一致や価値感の違いが理由に挙げられれば、未練が残ってしまう可能性もあるでしょう。
夫婦が離婚するとき、離婚裁判が行われることはもはや珍しくありません。
しかしながら、離婚裁判はあるのに、復縁したい場合はそのような裁判がありません。復縁には法律的な手段はなく、気持ちを取り戻すしか方法はないでしょう。旦那から離婚したいと言われたその原因を理解して、改善していくのが一番の方法といえます。相手がすでに再婚しているような場合は復縁も難しいですが、そうでなければ一度は一緒になったのですから、可能性がないと言いきることはできません。

 

旦那から離婚を申し出る場合、浮気しているパターンも多々あります。ただ、自分たちが離婚したからといって旦那と浮気相手が一緒になれるかどうかは別問題で、そのあと別れているようなことも現実として多いです。そのような場合も復縁は望めるかもしれませんね。


「離婚するから生活費は払わない!」と言われたら

詐欺事例

旦那から離婚したいと言われたら、まず経済的な面が心配になる現実的な女性も多いでしょう。
専業主婦ならばなおのこと、生活費の心配が頭をよぎるのは当然のことです。

 

そんな中、「離婚するからこれから生活費は払わない!」と旦那さんが言ったとしましょう。
しかし法律的に婚姻期間は扶養の義務が有ります。離婚予定であっても生活費を払わないのはNGなのです。気持ちの問題ではなく法律の問題なのですから、旦那さんも文句をいうこともできないはずです。堂々と貰って下さい。

 

民法第752条で、夫婦は一緒に暮らして協力しあう必要があると定められています。
結婚している以上その義務があるにもかかわらず、旦那から離婚したいと言って生活費を支払わないような場合、それが無視されているということになります。夫婦は互いに、収入の少ない方を扶養する義務があるのです。
それでも生活費が支払われないような場合は、離婚裁判の中で請求することが可能となります。

 

>>おすすめの大手探偵社をチェックする<<


更新履歴